<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【dear sonic strike】
dear sonic strike

不思議な高揚感と共に ひとり歩いていく帰り道
耳鳴りがまだ騒がしくて 今は何にも聴こえない
口ずさむ新しいメロディー 産まれた瞬間から
何度も繰り返し口ずさむ 忘れてしまわないように

夜も眠らないで 紡いでいく知っている言葉たち
誰かの真似にならぬようにと だけど多分分かっていた
大事なことなんて もうすでに歌い尽くされている
それでも紡ぐしかなかった 僕は僕の知っている言葉で

誰のために歌う? 何のために歌う?
突きつけられたのは そんな簡単で難解な疑問
誰が聴いてくれる? 何を救えるの?
星空はただ 物も言わずにそこにあるだけだった


ドラムの速度で歩いていく
ベースの音にも耳をすませて
ギターの音に合わせて時々跳ねた
そんな音の波に言の葉を浮かべて…

気がつくと夜が明けていた 僕は取り残されて星になった
それは消えかけた六等星か それとも幸運の星だろうか

誰のために歌う? 何のために歌う?
突きつけられたのは そんな最小で最大の疑問
誰が聴いてくれる? 何を救えるの?
それはとても馬鹿げた 歌なのかもしれないけど

誰のために歌う? 何のために歌う?
僕は歌うよ 例えひとりぼっちになったとしても


口ずさむ新しいメロディー 産まれた瞬間から
育っていく名無しの歌よ いつか飛び立つその日まで