<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【Snufkin】
君の心の中のスナフキン

最近のロックンロールは もう終わってるわって言って
彼女はいつまでも 古ぼけた時代遅れのCDを回し続ける
その間にも 砂時計の砂はどんどん覆い被さっていって
何とか埋もれないように 必死で掘り返し続けている

君の心の中のスナフキンは言う

君のためだけに 歌われた歌なんて
君のためだけに 紡がれた詞なんて
そもそも最初っから そんなものなかったんだよ
君がそういう風に ずっと思い込んでいただけなのだから


音楽がないと 生きていけないって言っていたあの娘も
いつの日か マイクを置いてしまわないといけなくなったんだ
それは誰にも言えない とても寂しい決断だったけど
だけど心のどこかで 諦めてもいい理由をずっと欲していたんだ

君の心の中のスナフキンは言う

すぐに自分のこと 許せてしまうだろう
すぐ別のことに 逃げてしまえるだろう
だけどそれでも 自分の場所を見失いそうになったとき
いつだって ここに戻ってきてもいいんだよ


舞台の真ん中で ちゃんと前を向いて歌った彼も今じゃ
頭を下げて過ごす日々 足元ばかり気にして歩いて
部屋に閉じ籠っては 誰も聴いちゃくれないような歌を作って
そいつをこっそりと ネットの世界の片隅で披露するのだ

君の心の中のスナフキンは言う

何もやり方は ひとつじゃないさ
この世は全部が 大きな舞台なんだから
誰も見向きもしないなら 自分のためと言い張ればいい
どうやってでも それをやめることができないならば


毎日が冒険だったあの頃は過ぎ
輝かしい自分は今じゃもう昔話の中
暑い日には駆け回って汗かいて
寒い日には仲間たちと身を寄せ合って
終わりのない未来へ向かったんだ
そんな今僕らがいるのは
そうやってたどり着いた場所だ
だけど未だにゴールとは呼べないだろう

君の心の中のスナフキンは元気かい?
まだおんなじように歌ってるかい?

JUGEMテーマ: